もしも犬や猫を保護したら…



◆動物を保護したいけど、ペット禁止マンションに住んでいる◆

いくら善意で捨て猫や犬を保護したといっても、ルールを守ることも大切です。
部屋を追い出されたりしてしまう不安もあります。

そういう場合は、一時保護主さんを探すか、シェルターや保護団体に預けましょう。
シェルターや保護団体は、期限までに里親が見つからなければ安楽死させるというところもあるので(それでも保健所よりはよっぽどいいです)、事前に聞いておきましょう。
また、動物病院でも頼めば、一時的に預かってくれる場合があるそうです。

◆動物を保護したけどどうすればいいの?◆

まずは近くの動物病院に連れて行きましょう。
捨て猫や捨て犬は体力が無く、栄養も不十分で、風邪をひいていたり弱っている場合が多いです。
病院でまず状態を見てもらうのが第一です。

そのとき、わからないことがあれば何でも聞いておきましょう。

◆里親募集に出そう◆

ペットが飼える環境の人はいいですが、そうでない人は早いうちに里親を探しましょう。
里親募集のサイトを利用して、新しい飼い主を探してあげましょう。

また子猫子犬の保護・飼育はまだまだ身体も弱いですし、大変です。
「役立ち情報」で子猫子犬の飼い方を調べましょう。

また注射ができるくらい(猫の場合2〜3ヶ月)になったら、ワクチン・血液検査等して、募集情報に書き込んでおきましょう。
すでに猫や犬を飼っている里親希望の人にとっては重要な情報です。

◆里親になろう◆

ペットが欲しいなぁと考えている方、ペットショップへ行く前に、里親募集のサイトで自分に合う、猫ちゃんやわんちゃんがいないか探してみましょう。

*里親になるための最低条件*
1)ペットを飼ってもいいマンション・住宅・一軒家に住んでいる。
2)家族に動物アレルギーの人がいない。(家族全員が賛成している)
3)責任を持って飼うという誓約書、身分証明書の提示を求められても応えられる。
4)生涯責任を持って飼育する。

里親募集サイトでは、基本的に保護主が里親宅までペットを直接届けるという形態です。
住所や身分に偽りが無いか、劣悪な環境ではないか、また里親詐欺でないことを確認するためです。
その他にも、小さい子供の有無や先住ペットの有無、一人暮らしでないなどが条件としてよく挙げられます。
(先住ペットとの相性を試すお見合いOKの場合も多いです)

保護主さんとよくコミュニケーションをとって、里親になりましょう。

inserted by FC2 system